結婚式

結婚式の二次会について

会場

結婚式の二次会が人気の理由としては、まずは新郎新婦のお披露目を手軽な形で行うことができる点です。今後については、結婚式や披露宴と近い形式で行う人や、従来の形にとらわれない1.5次会などさまざまなサービスが出現します。

この記事を読む

プロに任せる

ウェディング

結婚式の二次会は新郎新婦の年齢によっては婚活パーティにもなることがあります。出席者に楽しんでもらうには幹事さんの手腕にかかってきますので、人選は慎重に行いましょう。適任者がいなければ、プロにおまかせするのも手です。

この記事を読む

二次会はレストランなどで

会場

結婚式の二次会の工夫として二人のなじみの店で開催するという方法があります。注意したいのは親しいあまりに要らぬ暴露をしてしまう恐れがあること。そうしたことを踏まえてお店を選ぶことがポイントです。

この記事を読む

安く済ませる方法

リーズナブルかつ満足な式を挙げられる格安結婚式の会場を紹介しているのがこちらです!シンプルでアットホームな雰囲気になるのも評判です!

お得に結婚式を行うには

ウェディング

同じウエディングをするなら少しでも安くしたいものです。ではどのようにすれば、お得にウエディングをすることができるでしょうか。 まず、結婚式場の案内所をのぞいてみましょう。ショッピングモールにあるところでもいいですし、インターネットで検索しても簡単に出てきます。意外とお得な格安結婚式のプランがあるかもしれません。 さらにお得な金額に抑える代表的な方法としては、大安などお日柄にこだわらないこと、できれば平日のウエディングとすること、夕方から始めるナイトウエディング、挙式するシーズンを真夏や真冬とすること、などがあります。少し時間や日程を工夫することによって、大きく金額を抑えることができます。 また、直前にキャンセルとなった会場もありますので、そういったところを狙うとお得に挙式できます。

ウエディングの相場とは

では実際ウエディングの相場はどれくらいでしょうか。 平均的には招待人数は70〜80名で、金額は300万〜350万といわれています。しかしご祝儀も望めますので、実際に二人が負担する額は100万円程度でしょう。また、親戚を多く招待した、うまく会場を選んだ、という場合だと、負担金額はもっと少なくなり、ふたりの負担はなかった、もしくは黒字になった、という話も耳にします。 会場もゲストハウスや格式の高い神社を利用すると金額は上がる傾向にあります。レストランを利用して会費制の「1.5次会」のようなウエディングにすると金額も抑えられ、そういった形式も人気があります。 いずれにしろ、ふたりらしく価格も抑えたウエディングを行いたいものですね。